プロペシアの耐性とは

2019年07月03日
鏡を見て髪を心配する男性

薄毛に悩まされているという人がいますが、この治療薬としてプロペシアというものがあります。
これは薄毛に効果がありますが、長い間使用していると、耐性という問題にぶつかってしまうと言うことがあります。
この耐性とはどのようなことなのかというと、薬品を長期間にわたって使用することで、その薬品に対してからだが慣れてしまい、体の中に抗体力が生じてその効力が低下してしまう状態のことを言います。
しかしプロペシアは長期間飲み続けることで効果を発揮する薬となっています。
ここで問題になっているのが、その寛容性と長期成績の問題と言うことになります。
寛容性とは薬が体になれて効果が出にくくなる状態にことを言います。
しかしこの成分に寛容性が生じるというような研究結果は今のところ発表されていません。
また万が一発生してしまったとしても軽度のものと考えられています。
長期成績に関しては、服用したあと3年間は毛の量の増加が確認されています。
その後は服用していない人と比べると少し毛の量が減少してしまうと言うことがありますが、実際に5年から7年服用してから経過した人は、治療前と比べるとかなり毛の量が増えているという結果になっています。

関連記事
自分で出来る脱毛防止法

自分で出来る脱毛防止法や薄毛対策は、特に薬用の物を購入して自宅で行ったりする事も出来ますが、やはり医師などの毛の薄さや太さなどと言った所をチェックしてもらい、理想的な増毛法を考える事が望ましい事となります。自宅でも出来る事は多くて、それぞれにその人にあった方法で髪の毛を増やす事が出来ます。薬用での髪...

2019年09月03日
AGA治療薬が効かなくなったら

市販のAGA治療薬は、AGAの様々な症状に対応した成分を配合しているため、万人向けになっています。このため症状によっては効果が出たり、出なかったりします。AGA治療薬に関する情報はインターネットの医薬品や美容商品などの口コミサイトで参考にすることができます。サイトには色んなメーカーから製造販売されて...

2019年08月06日
耐性が出来やすいAGA治療薬

AGA治療薬はいろいろなものがあります。その中でもアメリカ製のAGA治療薬のプロペシアは、高い育毛の効果が得られることで、日本でも人気を集めています。プロペシアがAGA治療薬として人気が高い理由は、プロペシアにはフィステナリドと呼ばれる育毛成分が豊富に含まれているからです。薄毛の原因として男性ホルモ...

2019年07月17日